スキップしてコンテンツに移動

AP 通信のケーススタディ

課題:

24時間対応のニュース サイクル内でどのようにコラボレーションを改善できるでしょうか。1日300件を越える音声通話とビデオ通話に加え、絶え間ないニュース サイクルに対応するAP通信は、年中無休のサポートを必要としていました。AP通信が求めるサポートは、社内のテクニカル エキスパートを増強して、直接対応する相手を1社に絞ることでした。

解決策:

  • Group 310
  • Group 500
  • グループ 700  
  • トリオ
  • パノ  
  • プレミアサービス

メリット:

AP通信はPolyの24時間365日対応サポート サービスを活用し、重要な通信で最大の稼働率を維持しながら、世界で250カ所を超える支局と接続して競争力を高めることを目指しました。また、室内の設定を標準化することで運用の効率化、時間短縮、コスト削減も達成しました。

24 時間対応のニュース サイクルでコラボレーションを改善

革新的な Poly の音声およびビデオ会議ソリューションは、AP 通信社でのアクセス、操作性、効率性を向上させます。

AP通信 (AP) は、1846 年に設立された独立した非営利のニュース協力会社で、ニュース速報から調査報告まで、世界の出来事を網羅しています。AP のニュースレポートには、即時報道のためのテキスト、音声、ビデオ、写真、ライブ放送が含まれています。

AP は、1917 年以来、52 回のピューリッツァー賞を受賞してきた、高い評価を受けている業界リーダーです。AP は、世界 100 か国以上の 250 か所以上の場所から 24 時間体制で作業する世界クラスのジャーナリストのグローバルネットワークによって作成されたコンテンツを配信します。

2017 年、AP は本社をミッドタウンからロウアーマンハッタンに移動し、新しいワールドトレードセンターコンプレックスに隣接するモダンなオフィスビルの 4 フロアに移りました。美しい新しいオフィスには、広いオープンワークスペース、ガラスで仕切られた会議室、モダンなデザインが施されており、街の 360 度の眺めを望むことができます。AP のシニアバイスプレジデント兼最高技術責任者である Gianluca D'Aniello は、AP のコラボレーションシステムが非常に使いやすく、信頼性が高く、標準化されているため、スタッフが新しい会議スペースを簡単に使用できることを知っていました。

「会議テクノロジーを選択する際に主な要因となったのは、アクセスのしやすさでした。コミュニケーションとコラボレーションを必要なレベルで強化できるように、スタッフには独立性を持ってほしかったのです。

Gianluca D'Aniello、SVP 兼 CTO、AP 通信

その結果、何が起こったでしょうか。物理的な場所に関係なく、従業員との関係を強化する、より効率的な作業方法。

「新しいツールの最大のインパクトは、共同作業がずっと簡単になったことです。私たちは関係を深めてきました。話している相手を見ることができれば、つながりを築き、その人と知り合いになることができ、一緒に仕事をする能力が高まります。」

— Amanda Barrett、Nerve Centre ディレクター、AP 通信

1 日あたり 300 件を超える音声およびビデオコールの数と、ニュースが昼夜問わずやってくるので、AP は 24 時間 365 日のサポートを必要としていました。AP が求めるサポートは社内の技術エキスパートを補強し、彼らが Poly を使って直接仕事ができることでした。プレミアサービスを選択したのは、電話によるテクニカルサポートのニーズを満たし、問題の診断、ソフトウェアアップデートの提供、必要に応じて翌営業日に交換部品を提供するためでした。「サポートとして Poly のプレミアサービスを使うことで、安心して重要な音声およびビデオコミュニケーションを使うことができます。」– John Morrissey、テクニカルディレクター、AP 通信

上記のビデオでは、ニュース組織がニューヨーク市、ロンドン、ワシントン D.C. のオフィスと世界中の拠点をつなぐことができ、Poly のコラボレーションソリューション導入は、AP 通信にとって成功だったことを見ることができます。