スキップしてコンテンツに移動

コービンバプティスト病院 - ケーススタディ

米国の地方に重要な遠隔医療を届ける

課題:

運転も困難な険しい道、地理的な隔たり、公共交通手段なし、という僻地コービンの住民にとって大きな課題は、医療へのアクセスを容易にすることでした。求めていたのは、病室向けで遠隔診療に対応し、医療診断ツールと統合ができ、さらに施設のどこへでも移動できるビデオ会議ソリューションでした。

解決策:

メリット:

遠隔診療には、設定がシンプルで操作が簡単、信頼性が高く他のビデオ製品と相互運用性のあるビデオ会議機能が必要でしたが、今ではオールインワン ソリューションによって実現しています。同病院は、最適な状態とは言えないブロードバンド接続でも十分に性能を発揮する経済的なソリューションを見つけることに成功したのです。