スキップしてコンテンツに移動

ビハール農業大学 - ケーススタディ

ビハール農業大学がUC&Cを通じて農業教育を改善

課題:

インドの農業従事者が直面している課題は多数あります。例えば農業分野における最近の進展に関する認識の欠如、作物に関する教育を改善するための一貫性のある研修プログラムの欠如、専門家や科学者、利害関係者と交流するための共通プラットフォームの欠如などです。さらに、僻地にいる農業従事者の多くは情報にも効果的なテクノロジーにも容易にアクセスできません。

解決策:

メリット:

この革新的なプロジェクトを通じて、ビハール農業大学は約10万人の農業従事者への教育を推進し、彼ら自身の生活の質はもちろん、農作物の消費者の生活をも大幅に改善しています。これにより、農業従事者との迅速な情報共有が可能になり、移動時間と費用を劇的に削減できました。