スキップしてコンテンツに移動

BMC ソフトウェア - ケーススタディ

テクノロジー業界主力企業の青写真を覗く:BMCソフトウェアはPolyソリューションを利用して大規模なコラボレーション文化の変革を推進

課題:

BMCはオープン フロアプランへの移行によって職場面積を約4,180平方メートルから約2,323平方メートルに縮小しました。これによってBMCは専有面積の縮小とコラボレーションの推進という二重の恩恵を受けました。英国内の主要施設をすべてオープン フロアプランに切り替え、パーティションを取り払って絆を築くうえで、この新しい職場環境を支援するソリューションを見つけ出しました。

解決策:

メリット:

BMCソフトウェアは交通費と運用コストの削減、ユニファイド コラボレーションの簡略化、コミュニケーションを大幅に容易にすること(UCC)を実現しました。従業員同士のコラボレーションが増え、生産性が向上し、時間の節約と効率の改善も明らかになり、環境における二酸化炭素排出量の削減につながりました。