スキップしてコンテンツに移動

Cloud Assist - ケーススタディ

Cloud Assist - 導入ソフトウェア サブスクリプション サービス

課題:

CloudAssist 社は、VoIP (Voice over Internet Protocol) ソリューションなどの企業向けクラウドでホストされている従来のハードウェアとソフトウェアを使用して、SaaS (Software-as-a-Service) への移行を開始しました。同社では、2011 年までの間に、サービスの提供方法が競合他社との差別化を図るための重要な手段になると考えていました。同社は、Skype for Business を含む Microsoft Office 365 クラウドサービスの提供を開始しました。しかし、異なるベンダーのヘッドセットを使用しているお客様がいることから、音声通話の接続に毎回必ず成功する保証ができないという課題に直面します。接続に失敗すれば、それは提供するサービスの体験が低下することを意味します。お客様の通話品質を確保する方法なしに、この問題を解決することは不可能でした。

解決策:

利点:

CloudAssist 社は Plantronics Manager Pro を使用することで、ファームウェア アップデートとポリシーを使用してヘッドセットを管理する際に、クライアントの様々な問題を解決する付加価値のあるサービスを提供することが可能となりました。これは管理するスタッフと関係なく、ユーザーがどこにいても提供できます。