スキップしてコンテンツに移動

Murphy Pipeline Civil - ケーススタディ

グローバルなパイプライン建設企業が通信手段の統合に成功。

課題:

多数の従業員が複数の現場で働いているため、MPCは仮想コラボレーションを大いに活用していましたが、現場の多くは通話の接続が不安定でした。作業員はそれぞれ使用するデバイスが異なり、モバイル コラボレーションを支援する1つの確固としたテクノロジー プラットフォームがないため、音声の質にばらつきがありました。

解決策:

メリット:

通信システムを1つのコラボレーションプラットフォームに統合し、各従業員の働き方をサポートするようにヘッドセットを最適化して、示唆に富む診断ツールを活用して継続的に改善していくことで、MPCは投資の価値を迅速に実現しつつあります。「社内でつながり、コミュニケーションをとり、コラボレーションを行う方法が変わっただけでなく、海外のお客様やパートナーとのビジネスのやり方も改善されました。」