スキップしてコンテンツに移動

FAQ: Office エディション

同梱品

Voyager Focus 2 Office:

  • Voyager Focus 2 ヘッドセット 
  • クイック スタート ガイド 
  • Voyager Office ベース
  • キャリング ケース 
  • 充電ケーブル (マイクロ USB アダプター)
  • Poly Lens ソフトウェア – 無料ダウンロード

新しい Voyager Focus 2 にはどのような機能が搭載されていますか?

コール コントロール/音量

ヘッドセット ボタンでは通話機能をコントロールできます。コール コントロールとは、ミュート、着信応答/通話終了、音量調節ができる機能のことです。また、デバイスで、再生/一時停止、次の曲/前の曲へのスキップ、MS Teams ソフトフォンの操作を行うこともできます。

Voyager Focus 2 には最新の高度なデジタルのハイブリッド アクティブ ノイズキャンセレーション (ANC) が搭載されており、周囲の雑音が軽減され、音楽を聴きやすくなり、音質も向上します。ANC スイッチには次の 3 つの設定があります。

1.    ANC オフ

2.    オフィスでの使用に最適

3.    騒がしい環境での使用に最適

Voyager Focus 2 ヘッドセットには、バックグラウンドノイズを低減して、周囲の環境を問わず通話相手に音声を届けることができる Acoustic Fence 技術が搭載されています。 最適なパフォーマンスを実現するためには、マイク ブームが口角の位置に来るようにします。

マイク ブームが、ヘッドセットの装着方向を検知し、左と右の音声を自動的に維持します。 マイク ブームを垂直に立てると、通話がミュートになります。 

ヘッドセットをミュートするには、次のいずれかの操作を行います。

a.     通話中にミュート ボタンを押す

b.     マイク ブームをカチッと音がするまで上の位置まで回転させる

c.     ヘッドセットを外し、再び装着してミュートを解除する

ヘッドセットにスイッチがあります。スイッチをスライドさせて、電源のオン/オフを行います。

バッテリー寿命は、使用状況に応じて変わる場合があります。

連続通話時間: 最大 19 時間 (ANC オフの場合)~最大 16 時間 (ANC オンの場合)

オーディオ再生時間: 最大 40 時間 (ANC オフの場合)~最大 24 時間 (ANC オンの場合)

Bluetooth は、デバイスをワイヤレスで接続するために使用する技術です。新しい Voyager Focus 2 は、この機能を使用して PC に直接接続したり、Office ベースを使用して接続することができます。 

推奨事項: Bluetooth 接続には、Office ベースを使用してください。より優れたオーディオ体験が実現します。 

Voyager Focus 2 は、Mac および PC の設定で機能します。

新しい Voyager Focus 2 は多くのソフトフォンに対応しています。例としては、Microsoft Teams が挙げられます。

音声アシスタントは Siri と Google アシスタントに対応しています。

マイクを右側または左側に配置したり、回転させることもできます。ヘッドバンドをゆるやかに曲げると、より快適に装着することができます。

はい、もちろんです。ヘッドセットの充電を忘れた場合や、自分のいる場所で非常にたくさんの Bluetooth デバイスが使用されている場合は、有線ヘッドセットとして使用することができます。

Office ベースに接続しているときの通信範囲は、最大 91m です。 

ヘッドセットではどのようなコール コントロールを使用できますか?

実行しているアプリケーションに応じて、次のコントロールを使用できます。ANC (オフ/低/高)、音量調節 (+/-)、Microsoft Teams コール ボタン、Siri/Google アシスタント、再生/一時停止、次の曲/前の曲へのスキップ、ミュート/ミュート解除、電源オン/オフ、Bluetooth ペアリング。

Office ベースを使用しないで、Bluetooth を使用して PC に直接接続している場合は、音質やオーディオに問題が生じることがあります。

ユーザー体験および音声体験が非常に優れているため、Office ベースを使用してワイヤレスで PC に接続することを推奨します。 Office ベースは、PC にサウンドカードとして認識されるため、オーディオを使用するすべてのアプリケーションで使用できます。 Office ベースにより、(サポートされているソフトフォンからの) 着信に Voyager Focus 2 ヘッドセットから直接応答したり、バッテリー残量の状態を PC で確認したりできます。これらの機能は、PC 自体の Bluetooth を使ってヘッドセットを接続した場合には使用できません。 

Voyager Focus 2 を Office ベースに接続する方法を教えてください。

Office ベースはあらかじめヘッドセットとペアリングされています。 アダプターが接続されていない場合、または別途購入した場合は、Office ベースをヘッドセットとペアリングする必要があります。 

a. ベース ユニットをペアリング モードにします。ベース ユニット背面の Bluetooth ペアリング ボタンを 2 秒間押し、ディスプレイ パネルの Bluetooth アイコンが青と赤で点滅するまで待ちます。

b. ヘッドセットをペアリングモードに設定します ("Pairing" (ペアリングを行います) というメッセージが流れ、ヘッドセットの LED が赤と青に点滅するまで、電源スイッチをオフの位置から反対方向にスライドしたままにします)。 

ペアリングが成功すると、"Pairing successful" (ペアリングが成功しました) と "Base connected" (ベース ユニットに接続されました) という音声が流れ、ディスプレイ パネルの Bluetooth LED が青く点灯します。 

 

 

Voyager Focus 2 を接続 (ペアリング) するには、ヘッドセットをペアリング モードに設定します。 

次の手順を実行します。 電源スイッチをオフの位置から反対方向にスライドしたままにして、"Pairing" (ペアリングを行います) という音声が流れ、ヘッドセットの LED が赤と青で点滅するまで待ちます。 

携帯電話の Bluetooth を有効にして新しいデバイスの検索を行います。 

  • iPhone: [設定] > [Bluetooth] > [オン]
  • Android: [設定] > [Bluetoothオン] > [デバイスの検索]* 

注:   *メニューはデバイスによって異なる可能性があります。  

      [Poly VFOCUS2 シリーズ] を選択します。 

入力を求められたら、4 桁のゼロ (0000) のパスコードを入力するか、接続を確定します。正常にペアリングされると、“pairing successful” (ペアリングが成功しました) というメッセージが流れ、ヘッドセットの LED の点滅が停止します。 

注:  ご使用のヘッドセットは最大 8 台までのデバイスとペアリングできますが、同時に接続可能なのは 2 台までです。 

ご使用のヘッドセットは最大 8 台までのデバイスとペアリングできますが、同時接続への対応は、Office ベース ユニットを含め 2 台に限られます。 適切に機能させるためには、常に、使用したい 2 台のデバイスのみがヘッドセットに接続されている状態にする必要があります。 また、その他のデバイスのヘッドセットとの接続が解除されていることを確認してください。 

Voyager Focus 2 ヘッドセットをモバイルデバイスに接続している場合、通知音 (電子メールのアラートなど) により、PC からストリーミングしているオーディオが中断されます。 この機能を無効にするには、Poly Lens アプリを使用します。 

次のように選択します。 

[設定] > [一般] > [通知音] > [オフ] 

ミュート中に話し始めると、ヘッドセットが通知音で警告します。これを無効にするには、Poly Lens アプリで 

次のように選択します。 

[設定] > [一般] > [ミュート通知モード] > [require mode] (必要モード)。 

PC またはソフトフォンでデフォルトとして設定されていないことが原因である可能性があります。 

a. 電話をかけると、PC アイコンが点灯することを確認します。 

b. [ボリューム] を右クリック > [サウンド] > [再生] の順に選択します。Voyager Focus 2 がデフォルトとして設定されていますか? 

c. [ボリューム] を右クリック > [サウンド]> [録音] の順に選択します。Voyager Focus 2 がデフォルトとして設定されていますか? 

d. お使いのソフトフォンのオーディオ デバイスの設定を確認し、スピーカーとマイクがデフォルトに設定されていることを確認します。 

Windows または Mac PC に接続する方法については、 以下のセクションを参照してください。 

推奨事項: 

優れた音質を得るためには、PC の Bluetooth に直接接続するのではなく、Office ベースを使用して PC に接続してください。 

また、ヘッドセットを使用するオペレーティングシステムやアプリケーションで、Voyager Focus 2 がオーディオ デバイスとして設定されていることを確認してください。

PC のすべてのオーディオを Voyager Focus 2 ヘッドセットに接続するには、PC のオペレーティングシステムで Voyager Focus 2 をデフォルトのオーディオ デバイスとして設定します。  

Windows 

Voyager Focus 2 を設定して音楽を再生するには、  

次のように選択します。  

[スタート] メニュー > [コントロール パネル] > [サウンド] > [再生] タブ[Poly Voyager Focus 2] > [デフォルトのデバイス] > [OK]。 

 

電話の発着信時に音楽を一時停止する方法を教えてください。 

[スタート] メニュー > [コントロール パネル] > [サウンド] > [通信] タブの順に選択してから、[Mute all other sounds] (他のすべてのサウンドをミュート)  を選択します。

Mac 

アップルメニュー > [システム環境設定] > [サウンド] の順に選択します。 

[入力] タブと [出力] タブの両方で、[Poly Voyager Focus 2] を選択します。 

Office ベースのクレードルまたはマイクロ USB ケーブルを使用して、ヘッドセットを充電します。充電中は、ヘッドセットの LED が点滅します。完全に充電するには約 120 分かかります。充電が完了すると、LED がオフになります。 

注: マイクロ USB ケーブルは、PC または充電器の USB ポートに接続します。 

デバイスの使用中に音声が明瞭でないのはなぜですか?

この問題は、ドライバーの競合、USB ポートの誤動作、または誤った設定が原因である可能性があります。

推奨事項:

可能な場合は、ヘッドセットを他の PC に接続して、ヘッドセットが正常に動作することを確認してください。

次の点を確認してください。

  1. すべての機能拡張を無効にして、問題が解決するか確認します。

a.     [ボリューム] を右クリック > [サウンド] > [再生] > [ヘッドフォン] > [プロパティ] > [Enhancements] (拡張機能) > [Disable all enhancements] (すべての拡張機能を無効化) を選択します。

b.    ヘッドセットと BT700 の接続を解除して、再ペアリングします。

c.     問題が解消されたかどうかを確認します。

2.オーディオ トラブル シューターを実行します。

問題が解消されたかどうかを確認します。音量設定、サウンドカードまたはドライバー、スピーカーまたはヘッドフォンに一般的な問題がないかを確認します。

a.    [スタート] > [設定] [Update & Security] (更新 & セキュリティ) [トラブルシューティング] > [オーディオの再生] を選択します。

b.    画面に表示される手順に従って、トラブル シューターを実行します。

この問題は Office ベースの誤った設定に起因している可能性があります。

推奨事項:

携帯電話の設定が正しいことを確認してください。

次の点を確認してください。

1.Office ベースの底部でデスクトップ電話機の送話音量や受話音量を下げてください。 ほとんどの電話機で、適切な設定は 2 です。

2.デスクトップ電話機に音量コントロールがある場合、音声にひずみがなくなるまで音量を下げてください。

携帯電話の通知音が PC の音声を妨げないようにする方法を教えてください。

Voyager Focus 2 ヘッドセットをモバイルデバイスに接続している場合、通知音 (電子メールのアラートなど) により、PC からストリーミングしているオーディオが中断されます。 この機能を無効にするには、Poly Lens アプリを使用します。 

次のように選択します。 

[設定] > [一般] > [通知音] > [オフ] 

ミュート中に話し始めると、ヘッドセットが通知音で警告します。これを無効にするには、Poly Lens アプリで 

次のように選択します。 

[設定] > [一般] > [ミュート通知モード] > [require mode] (必要モード)。 

スマート センサーとは何ですか?またスマート センサーを無効にすることはできますか?

Voyager Focus 2 ヘッドセットにはスマート センサー テクノロジーが搭載されており、ヘッドセットを装着すると通話に自動的に応答することができます。 また、メディアをストリーミングしている場合は、ヘッドセットを外したときにメディアを一時停止するためにもセンサーが使用されます。 これを無効にするには、Poly Lens アプリで、 

次のように選択します。 

[設定] > [センサー & プレゼンス] > [センサーの装着] > [オフ] 

ヘッドセットの電源を入れた状態でスマート センサーをリセットするには、ヘッドセットを充電スタンドに 10 秒以上置いてください。 

または 

ミュート ボタンを押したまま、LED が紫に 4 回点滅するまで 4 秒間以上待ち、ヘッドセットの電源を入れます。このとき、イヤーカップのパッドに触れないようにするとともに、イヤーカップが表面に接触するようにしてください。 

ご使用のヘッドセットは最大 8 台までのデバイスとペアリングできますが、同時接続への対応は、Office ベース ユニットを含め 2 台に限られます。 適切に機能させるためには、使用したい 2 台のデバイスのみがヘッドセットに接続されている状態にする必要があります。 また、その他のデバイスのヘッドセットとの接続が解除されていることを確認してください。 

ヘッドセット バッテリー残量ステータスを確認する方法を教えてください。

電源スイッチをオフの位置から反対方向にスライドして放します。音声通知を聞くか、ヘッドセットの LED を確認します。

マイクロ USB ケーブルで充電しているときも引き続きヘッドセットをご利用いただけます。

ヘッドセットのバッテリーを使い切ってからフル充電し、連続通話時間のプロンプトの精度をリセットしてください。

勤務先から支給されているデバイスの場合、通常は勤務先がソフトウェアのアップデートを実行します。念のため、確認することをお勧めします。  

自分が所有しているデバイスの場合、ソフトウェア アップデートを求められたら、実行して、常に最新の状態にしておくことをお勧めします。そうすることで、デバイスが最適化され、これまで利用できなかった新機能が利用できるようになるだけでなく、含まれる可能性のあるバグも解消されます。 

『ユーザーガイド』の 10 ページを参照してください。

Voyager Focus 2 ヘッドセットからソフトフォン通話に直接応答できないのはなぜですか?

よりよい音質を得るには、ヘッドセットのファームウェアを最新の状態にします。 Voyager Focus 2 ヘッドセットでファームウェアを更新する方法を参照してください。 

お使いのソフトフォンがサポートされているソフトフォンであること、また一度に 1 つのソフトフォン アプリケーションしか開いていないことを確認してください。 

ヘッドセット コントロール機能 (着信応答/通話終了およびミュート) を有効にする必要がある場合は、Poly Lens Desktop アプリがインストールされていることを確認します。 

次のように選択します。   

Poly Lens Desktop アプリ > 希望のソフトフォン アプリケーション > [ソフトフォン] > [ソフトウェア設定] > [対象のソフトフォン] 

リモート着信応答/終了が必要な場合は、デスクトップ電話機用の適切な電子フック スイッチ ケーブル (EHS ケーブル) アクセサリーまたは HL10 ハンドセット リフターアクセサリーが必要です。

Poly Lens アプリを使用する

次のように選択します。  

[設定] > [デバイスのリセット] > [デフォルトに戻す] 

 

トラブルシューティングの詳細については、『ユーザーガイド』の 13 ページを参照してください。

デバイスで最高のパフォーマンスを維持する方法を教えてください。

a. デバイスを定期的に充電します。 

b. デバイスと PC の両方で、ソフトウェアおよびファームウェアが最新の状態であることをことを確認します。